外壁塗装職人のお役立ちブログ

外壁塗装にまつわるお役立ち情報を現場の職人観点で発信しているサイトです!

塗装業界は不透明な部分多し!

塗装業界に限らずですが、リフォーム業界全体はお客様からとって不透明な部分が多いです。まず工事価格の相場と言うのは各家庭によって異なる。また業者間によっても各項目の費用と言うのは異なってきます。

また一般的なお客様は材料の名前、価格相場を知りません。塗装するのに特別な資格や業者制度もないことから業界への参入がしやすく悪質業者による被害相談は年々、増加傾向にあります。

家の塗り替えとなると現場工事になれば、ほとんどは職人任せになると思います。

もし工事を依頼した業者が悪質で手抜きや工事価格を偽っていたら…本来の塗料性能を発揮できず耐久年数は規定より下回り、住宅の劣化も早めてしまいます。価格相場を知らなければ営業任せとなり会社本位の費用で工事をする嵌めに。

このようなトラブルを回避する為にも営業や職人任せでなく最低限の知識を身に付けたり、悪質業者が入り込めない団体に所属する塗装業者に仕事の依頼をするなど依頼者側も防波線や予防線を敷いておく必要があります。

ここでは塗装業界に精通しており、現場で働いている私が今から外壁塗装やリフォームを考えている人の為、少しでもお役に立てるよう失敗、騙されない為の外壁塗装業者の選び方などを解説していきます。

見積りは必ず複数業者に依頼すること

外壁塗装に関する予備知識的なモノはインターネットを利用すれば多くの方、業者が情報を発信しています。説明のわかりやすいホームページを一つ見つけて熟読しておけば、おおよその相場価格であったり、工事の流れと言うのは把握できるかと思います。

私は業者選びのヒントやコツについてを解説させて頂きたいと思います。

まず、家の塗り替えやリフォームを考えた時に業者へ見積り依頼をするのが最初の一歩です。決して訪問販売に来た営業マンや業者で即決してはいけません。

そして、見積り依頼は1社だけではなく、3社〜5社程度に見積りを貰いましょう。

複数業者に見積り依頼をする理由

何故、複数の塗装業者やリフォーム会社に見積りを提出して貰う必要があるのか?…疑問に思う方もいるでしょう。理由は自分の家の塗り替え・リフォームにかかる費用の適正価格を知るためです。

1社だけでは適正価格と言うのは把握することができません。

もし最初に依頼した業者が悪質だったりしたら、どうでしょうか? 3社〜5社程度に見積りを提出して貰うことで適正価格と言うのは把握できるようになります。あまりにも安い…高い…といった業者はどこかで手抜きをする。どこかで価格を跳ね上げている…といった可能性があります。

見積りとして住宅に来るのは営業マンもしくは、現場工事をやる職人さんでしょう。そこで対応をチェックしておくことで会社の体質や職人さんの質を判断することもできます。

良い塗装業者を選ぶためには「営業を知り」「職人を知り」「仕事を知る」ことが大切です。もし依頼先が固まって来ており、それが地元業者であれば施工したお宅を教えてもらい、拝見してみましょう。可能なら施工して頂いた家主に直接、業者の仕事ぶりや評判を聞けると良いです。

疑問や不満は必ず担当や職人にぶつける

建築業界で働く人は怖いイメージが付き纏っていますよね。しかし、そんなことはありません。質問や不満に対して横暴な態度を取るような業者なら工事依頼をしなければいいのです。

まず疑問、不満、不安などがあれば担当者や職人さんにぶつけてみましょう。

真摯な態度で丁寧、親切に応えてくれる業者であれば仕事も安心して任せられますよね。全てを業者任せにしてしまうとイメージと違う塗装になってしまうケースもあります。質問はドンドンぶつけていきましょう。

塗装業者も依頼者とコミュニケーションを取ることで理想としている色、目的などを把握できたりします。やはり素人だとイメージしていることが言語化できない場合もあるので、業者と密に相談、打ち合わせをして理想の塗装で仕上げてもらうことが大切になります。

関連記事

トップへ戻る

外壁リフォームで騙されない為に